今すぐお金必要!おすすめのキャッシング情報

今すぐにでもお金が必要な人のためのキャッシングの比較とおすすめサービス

キャッシングで所得証明書が必要な理由と注意点

   

キャッシングについて色々と調べている際に、必要となってくるのがこの「所得証明書」と「在籍確認」になってくるでしょう。

それぞれ、事前に用意している場合はスムーズにキャッシングの手続きを進めることができますが、あらかじめ用意していない場合は注意が必要となってきます。そして、所得証明書がなぜ必要なのか?そして手続き上どういった点を見られているのかをまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

所得証明書が必要な理由について

キャッシングを取り扱っている消費者金融も銀行も、営利を目的としていますので、返済可能な額までしか貸してくれません。

そのため、融資について適正かどうかの判断をするために必要になってくるのがなのが本人の収入になります。審査の際にはもちろん自己申告もしますが、より確実にするために所得証明書の提出を求めるケースがあります。

また、総量規制という法律の規定により所得証明書の提出が必要になりました。特にノンバンクと言われる消費者金融の場合「年収の三分の一以上貸し付けてはならない」という規定があり、業者は年収を確認することが義務づけられています。

総量規制概要
総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組み。
貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。
(貸金業者は、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないか確認します。)

 

所得証明書が必要な場合、不要な場合

所得証明書の提出が義務ずけられてしまった、といってもすべてのケースにおいて提出しなければならないというわけでは実はありません。

この所得証明書が必要なケースというのは、借入限度額に応じて所得証明書の有無が決まります。ここでは、金融機関の種類に応じて所得証明書が必要になるケース不要になるケースを見ていきます。

消費者金融系(キャッシング)の場合

消費者金融は総量規制の対象となる業者ですので、所得証明書が必要となる金額のバーが低く設定されています。

上述の引用の通り、「50万円以上の借入限度額の場合、もしくは他社の借入額と合算して100万円を超える借入限度額を希望する場合」に所得証明書が必要となります。

「10万円だけ借りたい」という人は所得証明書の提出を求められない可能性が高いでしょう。

 

銀行(カードローン)の場合

銀行系が提供するカードローン等については、総量規制の対象とならないので所得証明書が必要となる金額の設定がかなり緩くなっています。

多くの銀行が借入限度額100万円~200万円までは所得証明を不要、としているののが、消費者金融系のキャッシングと大きく異なるところになります。

大きな金額が必要でなおかつ所得証明書をすぐに用意できない、という人は銀行のキャッシングを利用すると借り入れがスムーズに受けることができるかもしれません。

 

キャッシングとカードローンの比較表

キャッシング カードローン
金利水準 上限金利18% 上限金利14.5%
在籍確認 場合によっては書類のみも可 原則TEL(電話)
スピード 14時までの申し込みで即日キャッシングも可 場合によっては可
サービスポイント 無利息期間アリ 金利が低い

今すぐお金が必要な人向けキャッシングランキング

プロミス

プロミス

☆30日間無利息のサービスあり!
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
・ 最短30分審査で最短1時間融資が可能
・女性専用のキャッシングあり。
・ 50万円までなら収入証明書不要

モビット

mobit

☆電話・郵送なし!「WEB完結」でネットで簡単に申し込み!
・ネットにて10秒で簡易審査結果表示ができる
・ WEB完結での申込みだと手続き終了後最短3分で口座へ振り込んでもらえる
(※申込日、時間帯によっては翌日の取り扱いになることがあります)
・ 最高800万円まで融資が可能

アコム

☆即日の借り入れ可能!アコムなら審査は最短30分でOK!
・業界最大手で安心できる
・審査は最短30分!迅速な対応
・ アコムATMの利用で24時間、年中無休で借入が利用できる
・ ネットで簡単にできる3秒診断で事前チェック

 - 今すぐお金が必要, 注意点、気を付けるべきポイント